ウエルシアドットコム

ディアナチュラ

ようこそ、ゲスト様

新規会員登録
Tポイントが貯まる・使える
お買い物カゴお気に入り購入履歴

 「あせも」(赤ちゃん)について

1、あせもの原因

赤ちゃんは、春夏だけでなく、一年中あせもができやすいです。
とくに首周りや背中によくあせもができます。お風呂の時など、あせもができていないか、体をチェックしましょう。
あせもは、汗が表皮にたまって、汗腺や汗管がつまることでできます。
赤ちゃんは大人の2倍汗をかきますが、赤ちゃんの皮膚は、大人の1/2程度の厚みしかないため、汗や塩分の刺激ですぐに肌が荒れてしまいます。

2、あせもの症状

●かゆみや炎症をともなう赤いあせも
あせもの中で、最も多いのが紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれる赤いあせもです。
かゆみをともなう赤く、水を含んだ小さなボツボツがたくさんできて、中心に小さな膿を持つこともあります。
汗をかきやすい赤ちゃんにできやすく、脇の下や首の周りなどこすれ合う部分に多く見られます。


●小さな水疱状になる透明なあせも
もっとも浅いところ、つまり表皮の角質層内、またはそのすぐ下に汗が溜まったときは非常に小さく透明な水ぶくれがたくさんできます。
水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれます。
かゆみはなく、数日で皮膚が細かくはがれて自然に治ります。

3、あせもの早期対策

あせもぐらい大したことはない、と思うかもしれません。しかし、赤ちゃんの特に首周りのあせもは治りにくいことが多いです。
赤ちゃんが痒みを我慢できずにあせもをひっかくと、傷になり、化膿して、伝染性膿痂疹(とびひ)や汗腺膿瘍になることもあります。
あせもができても、早い段階で清潔に洗い流すといった対策をすることで、悪化することを防げます。
あせもを見つけたら、気をつけてケアするようにしましょう。
なかなか治らない時、悪化した時は皮膚科を受診して薬を処方してもらいましょう。

4、あせもを防ぐ洗い方のポイントの3つ

①石鹸やボディソープはしっかり泡立てる
石鹸やボディソープは、泡立てネットを使ってしっかり泡立てて使いましょう。
ふわふわの泡で洗った方が、肌への刺激が少なく、きれいに汚れを落とすことができます。
洗い流さない沐浴剤もありますが、沐浴剤が肌に残って刺激になっている場合もあるので、あせもがひどい時は使用しない方がよいでしょう。


②首や腕のしわの洗い方
赤ちゃんは首が短く、首周りにしわがたくさんあります。しわの部分に汗や埃、ミルクの吐き戻しなどの汚れがたまっているので、しわを広げてしっかり洗いましょう。
耳の後ろや手や腕、足の付け根のしわも汚れが溜まりやすいので、しわを広げながら洗いましょう。
洗い方はごしごしではなく、ふわふわの泡でやさしく、くるくる回しながら洗うようにすると肌を傷つけずに洗えます。


③水分は残さずふき取る
洗った後は、しわを広げて水分を拭きましょう。
拭く時もごしごしと拭くのではなく、やわらかいタオルでぽんぽんとおさえるように水気をとりましょう。
夏場はお風呂上りでも汗をかいていることがあるので、熱が冷めてから服を着せるとよいでしょう

5、あせもを作らないコツ

①あせもを防ぐ服選び
あせもを防ぐには、服選びが重傷です。
通気性や吸水性のよい素材の服は、汗をかいても乾きやすく、汗のべたべたした状態が続かないため、あせもを防ぐのに効果的です。
とくに汗をかきやすい春や夏は綿やガーゼ素材でできた服を着せるとよいでしょう。
ゴムの締め付けがきついと、通気性が悪くなり、汗のべたべたが溜まりやすくなります。


②ガーゼやタオルを活用する
赤ちゃんはすぐに首周りや背中に汗をかきます。
遊んでいる最中にその都度着替えをするのは大変なので、ガーゼやタオルを首や背中に入れておきましょう。
汗をかいても、赤ちゃんが着替える前に寝てしまっても、ガーゼやタオルを抜いて入れ替えるだけでいいので簡単です。
又、抱っこ紐を使う時や、授乳をする時、赤ちゃんを抱っこする時にガーゼやタオルをママと赤ちゃんの間に挟んでおくと、熱が伝わりにくくなります。


③ベビーパウダーはつけすぎに注意
昔はあせもやおむつかぶれの予防にベビーパウダーが勧められることもありましたが、近年はあまり推奨されなくなりました。
ベビーパウダーをつけすぎると、汗腺や汗管を塞ぎ、逆にあせもの原因になります。
ベビーパウダーを使う時は、汗や汚れをきれいに流し、水分を拭き取ってから軽くつけるようにしましょう。
汗を洗い流した後のケアには、ワセリンや乳液などを使った保湿も効果的です。


④寝始めは涼しく!エアコンも活用する
赤ちゃんは寝始めに汗をかくことが多いです。
寝る前にガーゼやタオルを背中に入れておいたり、あらかじめ寝入りばなのエアコンをつけて部屋を冷やしておくなど、汗であせもができないようにしましょう。
冬でも寝始めは汗をかいていることがあります。
着せすぎに注意して、体温が下がってから毛布をかけるようにしましょう。


⑤汗をかいたらこまめに拭く・洗い流す
汗をかいたら、こまめに濡れタオルで拭くか、シャワーで洗い流して清潔にするのが一番のあせも対策です。
夏場は、入浴以外にお散歩の後など1日1~2回は水浴びすると良いでしょう。
また、授乳後・離乳食後は汗をかいていたり、ミルクや食べ物で口周りや首周りが汚れているので、濡れタオルで拭くようにしましょう。

6、薬剤師がおススメするお薬


●ダイアフラジンA軟膏  20g

・皮膚に効く魚油からとったビタミンA油配合の治療薬です。
・夏に多いかゆみ症状、蕁麻疹に使えます。
・3ヶ月の赤ちゃんから使えます。
・顔にも使えます。
・ステロイドは入っていません。



●テオドランホワイトL  32g

・患部を乾かす酸化亜鉛を配合し、あせもに適応
・すぐれた冷却作用、清涼感のあるリニメント剤
※リニメント剤, 皮膚にすり込んで用いる液状または泥状の外用液剤



●トレンタムGクリーム  15g

・抗炎症成分として「ウフェナマート」と「グリチルリチン酸二カリウム」を配合しています。
・べとつかないののびの良いクリームです。
・ステロイドを配合していないので、デリケートな赤ちゃんの皮膚や、顔・首など皮膚の薄い部位にも使用できます。